背景イメージ

Infertility不妊・妊活・妊鍼・逆子

当ページ目次

準備として
 まず最初に
 基本的なこと
 ライフプラン~覚悟と区切り~
 不妊治療中で
不妊と鍼灸の実際について
 鍼灸を受ける目的
 鍼灸施術の受け方の基本
 1~2回の単発的利用法
 不妊・つわり・逆子の漢方的体質
 現代特有の体質問題
お試しセルフケア

Preparation準備として

まず最初に

さて、まず最初に皆さんにお聞きします。
最近…というか、不妊治療を考えたころからですが…
 空を見上げていますか?
 風を感じていますか?
 海や湖、山をみていますか?

そして…
 深呼吸していますか?
気負わず、背負わず、力を抜いて、心身を耕し・潤し気持ちを緩めたら
力をいれすぎず、リラックスして行きましょう!


基本的なこと

不妊相談 こちらにたどり着いた皆様は、既に色々と勉強をされているものと思います。もしかすると、既に他の鍼灸院や整体院で不妊へのアプローチをされているかもしれません。
 不妊の知識としては、「不妊に悩む」方々を顧客ターゲットとしたサイトやグループが多々ありますので、そちらのホームページを参照されていることが多いと思います。ここで一つ気を付けていただきたいのは、ネット上の医学情報・健康情報には「間違った情報やウソ」が氾濫しているということです。
 テレビや雑誌、不妊情報誌でも間違っていることもあり、市販の書籍で「不妊治療の有名〇〇」というような本では、広告料を取ってクリニック、漢方薬局、鍼灸院、整体院などが掲載されます。不妊に限らず「腰痛神の手〇〇人」や「脊柱管狭窄を治す〇〇人」のようなものの多くは広告本。本当に実績があるのとは実態が違う場合もありますので気を付けましょう。妊活サプリメントを販促するサイトや鍼灸院、整体院も疑ってかかってください。※
ネット検索 また、不妊や育児のママさんグループサイト、SNS、柔整(整骨院)も同様です。もちろん、医師とはいえ個人クリニックも偏っているときもあります。助産院も同じ。(別の話ですが、助産院は「母乳信仰」(悪く言えば「宗教的」)が強いところもあり、強迫観念を植えつけられそうなこともあるようで、母乳が出ないと「母親の資格がない」くらいの言われ方をした方もいました。よって、安心してご覧いただくには厚労省、大学病院等のサイト、研究情報サイトにてご確認いただくとよいと思います。
 また、鍼灸院や整体院では、不妊の方を獲得することで安定的な経営基盤となります。そのためあちらこちらで「不妊鍼灸」「不妊整体」「産後矯正」などの言葉を使って集客しています。具体的な回数提示ができないところは回避していただくとよいと思います。
 当センターでは、集客のための不妊鍼灸というのとは全く別の考え方や視点から、色々と考えていきたいと思います。不妊治療を受ける前に覚悟したことを今一度確認していただくことと、鍼灸へのかかり方について後述します。このページの内容は、ブログの一つ「いのちのうた(blog.kankoudo.com)」に重複する部分もありますが、ご了承ください。
 しかし、サプリメントが悪いのかということはありません。長い不妊治療をされた方でも、妊活でよく耳にする成分のサプリメントで成功した例も複数あります。

 ※もちろん突き詰めたが故にサプリメントにたどり着いた場合もあります。

ライフプラン~覚悟と区切り~

 さて、お二人のライフプランはどのようになっていますか?
 お二人の命ある限りのプランの中で、「子供が授かったとき」、「子供が授からなかったとき」の2大選択肢となるでしょう。
 時間もお金も有限です。「何歳までという期限」あるいは「どこまで不妊治療を進めるか」のラインもまた決めていただく必要はあると思います。
 言葉は悪いですが「だらだら」とやり続けるには、お二人、特には女性の気力体力が持たなくなります。
がっかり 男性や周囲のご家族に配慮をしていただきたいのですが、不妊治療を行っている間中女性は常に傷つき続けているということです。
 一番は残酷なまでに毎回来る「生理」だけでも心に堪えるのに、本来なら不必要なホルモン剤の投与、長い通院、検診や採卵による心身への傷と負担、周りからのプレッシャーだけでなく自らの追い込み、不安。元バレーボール選手も体験談として公表していましたが、毎朝の基礎体温計のアラームがなるだけでも恐怖感が来るようになることもあります。
 ですので、「子供がいない選択」もあるんだという確認も込めて、もう一度ライフプランを確認していただくことをお勧めします。というより、もう始まっている「不妊治療」は、お二人の共同作業なのです。女性側が一人で抱え込むものではありません。
 いろいろなペアを見てきましたが、女性が一人で悩んでいるのにもかかわらず、今一つパートナーが乗り気じゃない。採精するにも真面目にコンディションを整えようとしない。あるいはタイミングを計っているにもかかわらず不摂生が重なっているなど、他人事の様にしか感じられないような気もする方々もいます。これは要するに「覚悟」ができていないのです。
老夫婦 「覚悟」ということをもっと広げると、「親になる自覚」、「子育てをする自覚」という意味合いもあります。残業続きで大変なのに、子供の夜泣きでまともに寝られない。それをパートナーにあたってみたり、帰宅拒否の様になったり。そんなことをしないと言い切れますか?
 一日中、外界との接点が極端に減って、目の前に言葉も通じない赤ちゃんと付き合っていて、誰も助けてくれないパートナーの状況を、あなたはどのように思いますか?
 子供という選択肢を取った場合、そんな大変な状況が間もなく訪れるわけです。
 もちろん「覚悟」という言葉は、「子供のいない人生を選択」ということも「覚悟」の一つです。もっと後々のことを言えば、パートナーを残して死んでいくときに、どのような最期を迎えられるように計画を立てられますか?
 ということで、まずは地ならしをして、今一度ライフプランと親になるための自覚や準備をしてみてください。今後の為にも是非ともお二人で話し合いをしてください。男性陣、逃げてはいけませんよ!


不妊治療中で

 ブログの方に書いてありますが、男…というのか、オスは非常に弱い生き物です。今週は残業が続いたというだけで、精子の活動率が60から一気に20になるケースも見られました。
 カレンダーについている赤丸、人工授精や体外受精の日などが近づくだけでストレスになったりして、いざというときにダメだったりしますし、精子の状況もよくなかったりします。お二人の関係性や、前述のライフプランや覚悟の話し合いが確認があってこそクリアできるものです。それさえできていれば問題ないかと思います。
 当日のバタバタがどこまで影響するかはわかりかねますが、できましたら採精の日に慌てることがないことが良いように思います。悪天候や道路状況なども十分考慮しての移動をお勧めします。

Thrapy不妊と鍼灸の実際について

鍼灸を受ける目的

ハッキリ言います。
不妊鍼灸という特化はおかしい。
 ここのところ、専門性を謳う傾向があるので、どうしても不妊専門鍼灸としている鍼灸院が多いと思います。普通に鍼灸治療をすれば、不妊も心身の不調もよくなります。
 よって、当センターでは、心身とホルモンを安定化させることを目標にしています。「心身の安定」というのは、自律神経を安定化(正常化)させることです。
 緊張やストレスがかかると、多くの場合は交感神経が活発に作動します。リラックスすると副交感神経が優位に作動することで内臓がよく働きます。副交感神経が活躍することで多くのメリットがありますので、リラックス状態を呼び起こすことが最大目的となります。副交感神経を効率よく引き出すのが頭・顔・手・足へのアプローチと筋肉を緩めることです。緩めることに関しては、首へのアプローチが大切になります。

 不妊治療を受けることによって、特にその期間が長くなればなるほど、心身ともに傷つき疲弊します。特に女性の傷つき方は想像以上のことでしょう。
 その傷によって自己嫌悪に陥ったり、不用意な身内の言葉によって傷つき、時として感じる夫婦間の寒熱の差など、これらのストレスによって引き起こされる「交感神経優位」な状態、いわゆる「臨戦状態」のまま生活をするということは、不妊治療に対してマイナスであるだけでなく、他の不具合引き起こす誘因となります。
岩盤浴 鍼灸やマッサージ、かっさやカッピング(吸玉)などを受けることによって交感神経が抑えられ、副交感神経が優位になることでリラックスします。また、凝り固まった筋肉を緩めることで、強制的に副交感神経を優位にすることが研究によって判明しています。
 よって、顔や頭に対してアプローチすることでよりリラックス状態を引き出し、心地よさをもってお帰りいただけるように努めております。
 お腹の血流を促すためにと温泉や岩盤浴、スポーツやエクササイズなどを利用することも大変良いことです。一生懸命になり過ぎない程度にやっていただくのも大変良いと思います
 気負わず、背負わず、力を抜いて、心身を耕して気持ちを緩める
 そこを一番の目的にしましょう。

鍼灸施術の受け方の基本

鍼灸治療 「今周期移植で」とか「来週採卵(あるいは移植)で」という直前連絡型の方もいますが、不妊治療で病院に何カ月も何年も通い、整体や整骨院に何年も通っているのに、鍼灸だけは直前に一回で効果を得ようとする方が少なくないです。
 ご理解いただきたいのは鍼灸は手品ではない!ということ。「一回鍼灸やれば妊娠できるだろう」的な考えの方が多いのです!
精子は約6か月
卵子は約3か月

かかるといわれています。よって、よりよい状態の精子や卵子を採取するには、最低でもその期間プラスαの期間が必要であるとご理解ください。
 今までの傾向としては、妊娠したタイミングで一番多いのが10~17回。一つ目安としてはだいたい15回前後で一つのスパンが見られました。
 もちろん、足掛け3年かかった方もいます。そのケース以外にも、今まで10年以上何をやってもダメだった方がPMS改善を目的とした施術で、3~4回ほど施術を受けて妊娠できたということもありました(その時は男性側あるいは女性側の転職や職場の配置転換など、他の要因も奇跡的に揃っての稀なケースでした)。
基礎体温 コンディショニングセンター伊豆での鍼灸やリンパマッサージ、カッピング、かっさ、矯正の施術は、「心身を整える」ことが目標です。よって「心身が整えば、必ず巡り会える」という信念の元、他院では時間がかかって経営的に採り入れない複合施術で対応しています。
 まずは週1回の3か月が基本1療程です。加えて採卵(排卵)までの2週をプラスして14回が1療程と考えていただくも良いかと思います。
 1療程終えたのち、1~2周期後に結果が出るというケースも多いです。
 定期的な施術で1療程は完了していただければと思います。最初の1療程の施術間隔にばらつきがある方が長くかかる傾向があります。お仕事の関係上難しいところもあるかと思いますが、しっかりと取り組んでいただければと思います。
よって、
1療程=週1回12週場合により+採卵前2回となります。
 1療程後もそのまま継続する方もいます。お勧めとしては1周期或いは2~3周期開けてから再開していただく方法です。
 流産経験のある方、不育症の方の場合、そのまま20週まで継続をお勧めします。もちろん妊娠後の悪阻(つわり)や逆子、産後の状況にも対応していますので、遠慮なく相談してください。
 よく鍼灸だけでなく整体や足裏、マッサージ(リラクゼーション)でも出物腫物のように「3カ月まではできません」といいますが、実際にはそこまで影響されることはありません。不安でしたら、副作用がない頭鍼療法のみで対応します。

1~2回の単発的利用法

子宮 移植直前なのに子宮内膜が何をやっても厚くならない場合、1~2回程、お試し的に施術を受けてみてください。40代の方々で頑張っても7mm程度にしか厚みにならなかったのが、数回の治療で9㎜~10㎜にまでなっています。1~2回の施術でも8ミリ超えることは珍しくありません。これは、子宮を含めて骨盤内の血流を上げることで起こる効果です。
 また、卵が「あともう一歩」という程度大きくならない(各種ホルモン値の異常がないケースのみ)場合も、2回程の施術で効果を見られるかと思います。卵巣へ流入する動脈の血管抵抗を下げることで起こる効果です。

東洋医学的体質実際

Now writing

現特有の体質問題

Now writing

Self-careお試しセルフケア

 一般的にセルフケアとして本やサイトなどで紹介されていないものを探して、簡単・単純な誰にでも試しやすい方法を紹介します。

経血に塊のある場合

 Now writing

コンディショニングセンター伊豆

SAMPLE SHOP